So-net無料ブログ作成

毛利孝夫さんのマニュアル本 [HyperCard]

HyperCard関連で、SNSのコミュをROM(読み専門)していて、
毛利孝夫さんのマニュアル本が参考になったという記事をいくつか見ました。
それで、毛利孝夫さんの、
『Macintosh Sound Magic―ようこそ!サウンドワンダーランドへ』
アマゾンで探したら、異常に高値だったので、
検索していて、偶然見つけたブックオフオンラインで、購入してみました。
  https://www.bookoffonline.co.jp/
     ↓
    http://www.bookoffonline.co.jp/display/L001,q=%2596%25D1%2597%2598%258D%2546%2595%2576


アマゾンだと、付属のフロッピーディスクが付いてない可能性があるので、
付属付きの書籍の場合、ブックオフオンラインは狙い目だなと思いました。
ピクチャ 7.jpg

 

ピクチャ 2.jpg

 

ピクチャ 4.jpg

 

ピクチャ 5.jpg

 

ピクチャ 6.jpg

 

PowerBook G3 Wallstreet OS 9.1で起動して、
付属のフロッピーディスク 1 を入れて、

スクリーン 2.jpg

マウントされたSoundMagicというフォルダごとHDにコピー。スクリーン 3.jpg

 

続いて、フロッピーディスク 2 を入れて、

スクリーン 4.jpg

中のデータを、

スクリーン 5.jpg

さきほどHDにコピーしたSoundMagicフォルダにコピー。スクリーン 6.jpg

 

スクリーン 7.jpg

 

コピー出来たら、さっそくサウンドポートを起動してみました。スクリーン 8.jpg

 

スクリーン 9.jpg

この本に付属していたフロッピーディスクだけでも、
かなり遊べそうです。

  Parallel-World Graphics - 毛利孝夫 幻想画廊
  http://www.geocities.jp/takao_mohri/
  おっさんの宝物
  Microsoft ではなくAppleにした多くの理由の中のひとつに『HyperCard』がある。
  http://starforest.exblog.jp/18321045/
  ハイパーカードの話 HyperCard on the Web KANZAKI
  http://www.kanzaki.com/works/archives/hc/
  TimpaniでRPGを作ろう!
  http://hp.vector.co.jp/authors/VA041190/Timpani/Timpani02.html

 

ところで、この本(平成5年11月、1993年発行)に、
いろんな音楽ソフトが紹介されていて、
その中に、EZVision J(59,800円)も紹介されていて、
このソフトが、現在はフリーでダウンロード出来たのを思い出してしまいました。
そこから、とんでもないことになるのですが、
続きは、次回で

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0